労働環境の現状とは

保育士を取り巻く労働環境はどうなっているのでしょうか。現在は保育園不足が社会問題になっていますが、これは保育士不足も関係しているのです。そして、独身時代に保育士として働いていたものの、結婚をきっかけに退職してしまうケースが多く、これによって保育士が減少しています。

また、保育士が不足している理由はこれだけではありません。「比較的賃金が低い」、「時間外労働が長い」、「保育士が不足したことで1人あたりの労働負担が増えている」、「結婚をきっかけに一度保育士を辞めてしまうと、再び保育士として働く自信が無くなる」、「仕事面で融通が利かないことが多い」などの理由があるのです。これらの理由によって保育士が減少しています。

現代日本では保育園を求める家庭が多いのですが、保育士が減少していることから保育園へ入れない家庭が増加しているのです。そして、近年は少子化が問題となっていますが、保育園へ預けられないことから子育てが難しくなっています。そのため、少子化が進行しているのです。国もこういった状況を問題視しており、保育士の労働環境改善が進められています。そして、こういった保育士の労働環境改善によって待機児童の数は年々減少しており、保育士も働きやすくなっているのです。